FC2ブログ
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

宇治平等院へ~

     2019年12月11日(水)





 2012年9月~2014年9月までの2年間
平成修理として大規模な修理が行われた
平等院です。

1053年に藤原頼道により建立された「鳳凰堂」が
10円玉のデザインに採用されていることで有名です。

1994年世界遺産に登録されてます。


この日は、たまたま一緒に歩こうと二人で歩いて
いるうちに、新しくなった平等院まで行こうと言う
ことに。
(それまでには、何度か訪れていますが。)

紅葉は散りはじめているようでしたが、まだ観られて
良かったです。
DSC_0664_convert_20191211163535.jpg


ここは藤棚でも有名な処です。
時期が来れば、下まで垂れ下がる長い~藤の花が
観られます。
DSC_0669_convert_20191211163613.jpg


DSC_0671_convert_20191211163726.jpg

ここから橋を渡り中にも入り説明も聞けますが
今回は入ってません。
DSC_0670_convert_20191211163651.jpg


屋根の上の鳳凰がとても見応えありましたが
写せなかったです。
DSC_0673_convert_20191211163807.jpg

池の映り込みも絵になります。
DSC_0674_convert_20191211163854.jpg

天気が良ければもう少し映えるかもでしたが。
DSC_0675_convert_20191211163935.jpg

平等院鳳凰堂 
(極楽浄土の宮殿をモデルにされている。)
10円硬貨の表面をデザインされている寺院。
DSC_0676_convert_20191211164022.jpg

カメラ持たなくスマホにて~
遠くが上手く写せてないです。(汗)

DSC_0682_convert_20191211164147.jpg


この後鳳翔館にて雲中供養菩薩像など多数の
国宝も見ることが出来ました。


日本三名鐘のひとつに数えられるつり鐘
のようです。
DSC_0684_convert_20191211164231.jpg

DSC_0686_convert_20191211164305.jpg

散り紅葉・・・何とか間に合って良かったねと
言って後にしました。
DSC_0687_convert_20191211164340.jpg


そうして又お喋りしながら歩いて帰りましたよ。
約17、000歩でした~!!
一日8、000歩目標にしてはいますが
良く歩けたと、自信付いたかな~?^^;

伏見稲荷大社でもこれくらいでしたね。^^




★ランキングに参加しています♪
 是非ご覧ください♪
   ↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ
にほんブログ村





スポンサーサイト



【 2019/12/11 】 未分類 | TB(0) | CM(4)
まだまだ紅葉が残っていましたね。
平等院鳳凰堂 コンサートがあったりいい場所ですね。
長く行ってないですね。女子会いいものです。  ☆
【 2019/12/12 】 編集
懐かしんで・・・
こんばんは~!
今朝は今期一番の冷え込みだったようで冷たかったです(><)

平等院は同級生達とも行きましたが、misaちゃんとは藤の花を見に連れて行ってもらいましたよね・・懐かしんでいます。
今でも藤は見事に咲くのでしょうか?

奈良春日大社の ‘砂ずりの藤’ は栄養不足? 丈が短くなって砂にまで
届かなくなっていますので、もう~有名ではなくなったようですよ!

平等院・・又、行ってみたいです。
女子会いいよね~私達~主婦には至福の時間ですもの~(*^∀^*)
【 2019/12/13 】 編集
ヤマトさん こんばんは~!

最近、京都には何度か来ておられますがお会い出来なくて残念に思います。
平等院もそこそこ近いですが、いつでも行けるとの思いがあり中々入れずに
いました。
紅葉まだ観られ良かったです。
又ゆっくり京都に来てくださいね。
平等院桜や藤の咲く時期も良いですよ。
女子会良いですね。♪
【 2019/12/13 】 編集
れいちゃん こんばんは~!
朝の冷え込みは身体に応えますね。

平等院一緒したの、もう何年も前に~でしたね。
藤が綺麗に咲いていた時だったと。
しばらくは藤の花の咲き方が思わしくなかったようですが
最近又綺麗に咲きだしたと聞いています。
外からは何度か見てますが・・・
又桜の時期に行けたら一緒したいです。(^^♪
至福の時間~主婦にとって大切な時間ですよね(笑)

【 2019/12/13 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL